悩みを浮き彫りにしてから鑑定してもらおう

電話占いを利用する前に


いざ電話占いを利用しようとして、何も準備せず電話をかけてしまうともったいないです。電話占いは伝えるという手段が声だけなので、ある程度整理しておかないと占い師に伝えるのに時間がかかってしまいます。
 

自分の悩みを書きだそう

まずは自分の悩みを書き出す事から始めて下さい。箇条書きで構わないので、思い浮かんだ事を書いて行きましょう。

優先準備を決める

悩みを書き出せたら優先順位を付けていきます。だいたい1回の鑑定は30分くらいが平均なので、30分で聞ける程度に悩みを絞って下さい。

最初の質問を分かりやすくする

『YES』か『NO』で答えられるような聞き方にしましょう。「彼は私のことをどう思っているのか」よりも「彼にとって私は恋愛対象ですか」のように知りたいことを具体的にしておきましょう。

ゴールを決める

例えば気になる彼にとってあなたは恋愛対象ではないとします。その場合どうするか決めておきましょう。それでも彼を諦めないのなら彼に恋愛対象として見てもらうためにはどうすれば良いのか聞き、彼を諦めるなら、新しい恋を見つけるためにはどうすれば良いか等を聞きましょう。自分がなりたいゴールを決めておいて、そこから逆算して質問を考えておくと時間を有効に使えます。

質問の答えを予測しておく

自分が聞きたい事に対して占い師の先生がどう答えるか、いくつか予測しておきましょう。こう答えてもらったら次はこう聞こう、と、準備することで深いところまで鑑定してもらう事ができます。
 

悩みを整理することで見えてくるもの

自分の悩みを書き出したりすると、気持ちが落ち着いて整理されていきます。そうすると悩んでいたことが実はそんなに問題ではなく、悩みが解決してしまう事が多々あります。漠然とした不安や不満は、意外とすぐ消えてくれたりします。
それでも解決されないのが根本にある悩みです。いくら表面の不安などを相談したとしても、根本の自分の思いに気付かなかったらいつまでたっても悩みは解決されないでしょう。整理することで見えたものを先生に相談して下さい。
 

その他準備しておきたいもの

メモ
占ってもらうときはどうしても気持ちが高ぶってしまいます。そうすると鑑定が終わったあと大切なものを忘れてしまう可能性があるのです。そうならないためにも、自分が少しでも響いたなと思う事があればメモをとるようにしておきましょう。
タイムキーパー
初心者によくありがちなのが、時間を忘れてしまう事です。後から思った以上の請求がきてしまうと気持ちもへこみます。自分が今どれだけ利用しているのか時間を把握できるものを用意しておいてください。